主婦の借金、どうしようもなくなる前に

主婦 借金 返せない

 

主婦はまとまった収入がなく、借金返済に行き詰るケースが多いです。借金返済のために新たに借金を作り、それを繰り返すうちどんどん利息が膨らんで…

 

場当たり的にお金を借り続けると借金地獄のどうしようもない状況に陥ります。

 

 

「旦那にバレたら離婚かも」

「でもいずれ絶対バレる」

「払えなくなったら私どうなるの?」

 

 

誰かに打ち明けることもできず、あなた一人で抱え込んでいませんか?

 

当サイトでは、借金減額の方法『債務整理』を主婦目線でわかりやすくお伝えしていきます。あなたの借金解決の参考にしてください(*^^)b

 

 

 

借金返済が滞るとどうなる?

 

借金を返そうにも返せない『滞納』状態、それが続くとどうなるでしょうか。

 

以下は借金を返さず放置した場合どうなるかを時系列にまとめたものです。

 

  1. 催促の電話が頻繁にくる
  2. 自宅に『督促状』が届く
  3. 裁判を起こされる(100%負ける)
  4. ブラックリストに載る
  5. 担保の資産が差し押さえられる
  6. 保証人に迷惑をかけることになる

 

 

 

借金は放置するほどバレやすい

 

主婦 借金 旦那にバレた

 

電話の段階で話し合いできれば問題ありませんが、滞納が続くと1ヶ月ほどで自宅に手紙が届きます。これで旦那さんや家族にバレるリスクが非常に高まります。

 

さらに返済が滞ると『遅延損害金』が発生し、支払額が雪だるま式に増えます。放置すると問題がどんどん大きくなることは認識しなければなりません。

 

まず被害を広げないため、相手先に『返済の意思がある』ことは伝えておきましょう。

 

 

 

借金の減額方法『債務整理』

 

返済の意思は伝えたものの、お金がなければ返せませんよね。主婦なのでまとまった収入もなく誰にも相談できない…

 

そんなどうしようもない借金を解決に導く方法があります。それが『債務整理』です!

 

 

主婦 借金 債務整理

 

債務整理とは

金融業者と交渉して、借金の減額や整理をする方法。うまくいけば

  • 利息の支払いが免除される
  • 月々の返済額が減る
  • 家族にバレずに手続きできる
  • 借金自体を減額・免除も

というメリットがあります。

 

 

交渉といっても弁護士・司法書士など専門家に仲介してもらうので、自分一人では難しい交渉も専門家に相談すればスムーズに進みますよ。

 

債務整理すると数年は新たに借金できないなどデメリットもありますが、とにかく今の借金を何とかしたい人にとっては目をつぶって良い範囲でしょう。

 

 

債務整理には4つの方法がある

 

債務整理はバレにくい順に、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産という4つの方法があります。

 

任意整理
減額 簡単さ バレにくさ
主婦 任意整理 減額 主婦 任意整理 簡単 主婦 任意整理 秘密

利息が免除され、債務総額が減る。主婦の債務整理の中ではバレにくい
金融業者と話し合って、これから支払う利息(将来利息)や遅延損害金を免除してもらう方法。毎月の支払額も返済可能な額にしてもらいます。裁判所は通さないので、旦那さんにバレにくいです。

 

特定調停
減額 簡単さ バレにくさ
主婦 特定調停 減額 主婦 特定調停 簡単 主婦 特定調停 秘密

仲介人のもと返済計画を立て直す。裁判所から通知が来ることがある
裁判所で『調停委員』のもと金融業者と話し合い、返済額や利息の和解をすすめる方法。弁護士に依頼せず一人で交渉をしますが、手続きは簡単で早いです。裁判所を通すため、郵便物で家族にバレる可能性はあります。

 

個人再生
減額 簡単さ バレにくさ
主婦 個人再生 減額 主婦 個人再生 簡単 主婦 個人再生 秘密

借金の一部を免除。減額は大きいが、仕事をしていない主婦はできない
借金の一部を減らしてもらい、3〜5年の分割払いで完済する方法。借金が数百万円を超える人向き。ただし弁護士に依頼して裁判所で手続きをするので、バレる可能性は高いです。また仕事をしていない『専業主婦』は、収入要件を満たせないので個人再生ができません。

 

自己破産
減額 簡単さ バレにくさ
主婦 自己破産 減額 主婦 自己破産 簡単 主婦 自己破産 秘密

全ての借金を無かったことにする。ただし資産も失う最終手段
裁判所を通して、すべての債務・借金を無くす『免責』という手続きをする方法。ただし資産も清算することになるので、旦那さんにバレないのは不可能ではないですが至難の業。またギャンブルや浪費の借金は認められないケースがあります。

 

 

主婦がバレず債務整理するなら

 

家族を巻き込まず借金減額するなら、任意整理か特定調停が現実的。特に任意整理は裁判所を介さないため、弁護士とのやり取りだけで済みます。

 

 

任意整理のメリット 主婦

 

任意整理のメリット
  • 手続きが簡単
  • 第三者にバレにくい
  • 金融業者からの督促が止まる
  • 家や車など財産を残せる

 

 

自己破産に比べると、借金の減額幅は大きくありません。それでも月々の返済が軽くなるので旦那さんにバレずに完済できる可能性が高まります!

 

 

 

任意整理で完済したケース

 

任意整理は利息の減額や返済計画の組み直しをして、借金完済を目指す方法。

 

弁護士や司法書士と一緒に交渉することになりますが、借金相談カフェのように電話する前に一度ネット上で相談できるサイトも増えています。

 

 

ネット相談例(29歳・主婦)では借金残高が減り、利息が0%になったため完済がグッと近づきました。任意整理で専門家と一緒に借入先と話し合えば、あなたの借金問題が解決が近づきます。

 

  • あなたの借金がどれくらい減るか?
  • 月々の返済額がいくらになるのか?
  • 自分に合う債務整理はどれなのか?

 

専門家がネットで匿名・無料であなたの借金を診断してくれるので、まずは無料診断で解決の糸口を探ってみましょう!

 

\匿名・無料でシミュレーション/

主婦の借金減額法 ボタン1

 

 

 

旦那に内緒でできる任意整理

 

任意整理は他の債務整理方法と違って正式なルールが決まっていません。裁判所を通さないので、手続きが簡単でバレにくいのが特徴。主婦におすすめと言われる理由です。

 

 

任意整理がバレにくい理由 主婦

 

任意整理がバレにくい理由
  • 必要な書類が少ない
  • 裁判所に呼び出されない
  • 資産を差し押さえられない
  • 弁護士等を雇えば督促が止まる

 

 

任意整理は知識があれば「一応」自分一人でもできます。

 

しかし交渉するのは自分の借金相手、しかもその道のプロ。不利な条件を飲まされかねないので、こちらも交渉のプロである専門家に依頼するのが無難でしょう。

 

 

〜任意整理の流れ〜

任意整理の流れ やり方 主婦

まず弁護士等に相談する

『任意整理』を依頼する

返済を一時ストップ

金融業者に『受任通知』を発送

弁護士等に費用を支払う

弁護士等と金融業者が交渉

和解が成立する

和解内容に基づき返済を開始

完済!

 

債権者との交渉次第ですが、任意整理は依頼から平均3〜6ヶ月ほどで和解が成立、返済を開始します。

 

受任通知とは?

受任通知とは「弁護士が依頼を受けましたよ」という案内のこと。任意整理が始まると、依頼を受けた弁護士はまず金融業者に『受任通知』を発送します。

 

金融業者はこれを受け取ると借金している本人(あなた)に督促することができなくなります。これ以降、電話や手紙に怯える必要はありません。

 

和解が成立したら

和解後は書面が交わされ、残りの借金がいくらになったのか?毎月いくらずつ返済すればよいのか?がハッキリします。今後はこの和解書に基づき、残額の完済を目指します。

 

より秘密厳守したいなら

任意整理はバレる可能性が低いですが、依頼する弁護士に「旦那に内緒にしてほしい」とひとこと言っておきましょう。より秘密を守って手続きを進めてくれますよ。

 

 

任意整理でできること

主婦 借金 任意整理 利息

 

任意整理ではこれらのことができます。

 

督促を止める
将来利息のカット
分割を長期にする

 

極端に言えば、当事者同士が利息や支払いの事を話し合うだけ。第三者の目に晒されることがないため、気を付けてさえいれば外部にバレる危険性は低いです。

 

中でも将来利息のカットは大きなメリット。利息は残高が減らない元凶で、完済するまでかかり続けます。消費者金融は金利も高いのでまとまった額になります。

 

 

 

利息カットで完済が現実的に

 

利息が借金完済するのにどれだけネックになっているか調べてみましょう。

 

例えば

  • 借金:150万円
  • 返済:月々5万円
  • 利息:年利率13%

とすると…

年数 借金残高 利息
1年目 150万円 +19.5万円
2年目 100万円 +13.0万円
3年目 50万円 +6.5万円
4年目 32.5万円+6.5万円

 

こちらは単純計算ですが、利息だけで40万円近く支払額が増えています。そのせいで返済期間も1年長くなってしまいました。

 

利息は元金に対してかかるため、正確に計算すると元金はもっと減りづらいです。いかに利息が馬鹿にできないかが見て取れますね。

 

任意整理をすると、その時点からかかる利息をカットする交渉に入ることができます。交渉がまとまれば数十万単位の利息を減額できるかもしれません!

 

 

\任意整理で借金はいくらになる?/

主婦の借金減額法 ボタン2

 

 

 

借金完済のシミュレーション

 

借金の減額のポイントは

 

借金の支払い総額を減らす
毎月の返済額を減らす

 

の2点でしょう。

 

『返しても返しても元金が減らない』という人は利息によって支払い総額が増えているケースが多いです。借りているのは100万円なのに、150万円以上支払ってまだ終わらない…という例もあります。

 

また1回あたりの返済額が大きすぎるのも問題です。月々1万円ずつなら返せるのに5万円の返済を迫られている…という人は、返済計画の組み直しを相談すれば解決が近づくかもしれません。

 

これらをハッキリさせるために、まずはあなたの借金が今どうなっているのか?改めておさらいしてみましょう!

 

 

 

借金の内訳を整理してみよう

 

主婦の借金 整理 まとめる

  • どこから、いくらお金を借りましたか?
  • 銀行、信販会社、消費者金融…どこから借りているかハッキリさせましょう。次にそれぞれいくら借りているのか?をチェックすれば、今のあなたの借金総額が見えてきます。

     

  • 利率は何%ですか?
  • 利率(利息)は、CMでもよく耳にする『過払い金』の有無を調べるのにとても重要。平成19年(2007年)以前から借金があった場合、今の法律で決められた上限利息より高く支払っていた可能性があります。

     

    古くから借りている相手には過払い金請求ができるかもしれません。完済済みの借金もこの機会に確認してみましょう。

     

  • 担保や保証人はありますか?
  • 車や家を担保にしている場合、債務整理すると手放すことになる可能性があります。また保証人がいる場合、債務整理をするとあなたの代わりに保証人が支払うことになります。こうなると旦那さんにバレる可能性が高まります。

     

  • 滞納している借金はありますか?
  • 一報もなく滞納していると『遅延損害金』というペナルティが課せられ、負債総額が増えている可能性があります。借入先と関係を悪くしないために確認しておきましょう。

 

 

【例】借金の早見表
調べる事 借入先A 借入先B 借入先C
どこから? 〇〇銀行 △カード ××金融
いくら? 30万円 20万円 100万円
利率は? 10% 12% 15%
保証人は? あり なし なし
滞納は? なし なし あり

 

このように借金を一覧にまとめてみましょう。どこに、いくら返すのかが見えてきます。

 

また自分は毎月いくらなら返済できるのか?現実的な金額も考えておきましょう。今、どれくらいの収入があるかも任意整理には重要なポイントです。

 

ここがハッキリすれば債務整理でどれくらい借金減額できるのかが見えてきます!

 

 

 

支払い不要な借金があるかも?

 

主婦 払わなくてよい借金 過払い金 時効

 

借入期間が長い人は、本来なら支払う必要がない借金を払っているかもしれません。

 

過払い金

古い借り入れの中には、利息制限法の上限利率を超える『グレーゾーン金利』まで支払っていた可能性があります。法定金利を超える分は本来、支払う必要がありません。

 

この払い過ぎた利息が『過払い金』で、返還請求することができます。キチンと計算し直せば借金自体なくなったり、それ以上にお金が戻ってくるケースもあります。

 

時効になった借金

滞納などで最終取引日から5年が経過した借金は、消滅時効が成立します。時効が成立した状態で『時効の援用』の意思表示をすると、借金が消滅します。

 

自分で調べられないときは

過払い金の要件や計算が自分でできないときは、専門家に相談するのが簡単。テレビCMでもよく流れていますが、弁護士事務所や司法書士法人で調査をしてくれます。

 

調査は無料のところも多いので、もしやと思ったら一度相談してみてください。過払い金が借金完済の切り札になるかもしれません!

 

 

 

主婦の借金、悩む前に相談を

 

借金の問題は時間が解決してくれることはありません。返済が終わるまで必ず付きまとうもので、むしろ放置するほど取り返しがつかなくなるケースがほとんど。

 

そのため専門家に相談するタイミングは、早ければ早いほど解決しやすいです。

 

「どうにもならない」と思ったら一度相談だけでもしてみましょう。旦那さんや家族に言えない悩みも、専門家なら『バレない解決法』を提示してくれるかもしれません。

 

 

不安な場合は『借金減額の無料診断』で借金解決の糸口が掴めます。

 

借金相談カフェ

 

匿名で診断できる
無料で診断できる
24時間いつでも診断できる

 

まずはあなたの借金がどれくらい減らせるか確かめてみてください!

 

 

\いきなり専門家が不安なら/

主婦の借金減額法 ボタン3

 

 

 

債務整理って?ギモンQ&A

 

Q.債務整理ってお金かかる?

 

かかります。


弁護士・司法書士に支払う費用が必要で、着手金・報酬金・手数料・過払い金返還報酬金などがあります。

 

相場は任意整理なら1社あたり4〜5万円、自己破産なら50〜60万円ほど。依頼する弁護士によって変わります。ほとんどのケースで分割払いが可能で、36〜60回払いで対応してくれます。

 

Q.ブラックリストに載る?

 

一定期間だけ載ります。


債務整理を開始すると、金融機関が『個人信用情報』に事故情報を追加します。この状態を俗に「ブラックリストに載る」と言い、新たに借金することが難しくなります。

 

事故情報に名前が残るのは任意整理で5年、自己破産で10年ほど。永久に名前が残るわけではありません。また周囲の人に情報が漏れることもありません。

 

Q.債務整理は戸籍に残る?

 

残りません。


任意整理や自己破産をしても、戸籍謄本に残ることはありません。もちろん住民票やマイナンバーカード、年金手帳にも載りません。

 

Q.旦那も借金できなくなる?

 

できます。


債務整理で信用情報に登録されるのは本人だけで、夫や子供に影響はありません。その人自身が債務整理をしていなければ借金はできますし、クレジットカードも作れます。

 

Q.ギャンブルや浪費は債務整理できない?

 

できます。


任意整理や個人再生なら、お金の使い方にかかわらず債務整理の手続きを進めることができます。パチンコ・競馬・麻雀による借金でも手続き上は可能です。

 

ただし債務整理の方法が自己破産の場合、ギャンブルの借金は『免責不許可事由』に該当するため借金が免責されない場合があります。

 

Q.絶対に専門家に相談しなければいけないの?

 

相談するメリットは多いです。


任意整理の場合は、やろうと思えば自分一人でもできます。しかし弁護士や司法書士のようなプロの専門家に依頼すれば

 

  • 金融業者からの取り立てをSTOP
  • 煩わしい事務作業は全てお任せ
  • 難しい手続きをスムーズに進行
  • あなたに代わり金融業者と交渉

 

というメリットがあります。借金減額のノウハウも持っているため、よりあなたに有利な条件を勝ち取れる可能性が高まります。

 

確かに費用はかかりますが、それ以上にリターンのほうが大きいですよ!

 

 

債務整理のメリットとデメリット